木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

ブログやる気がないわけじゃないんです

時間がね...
以下メモ

TLC 2010

1試合目らしいスピーディーな試合。3人がしっかり3ウェイ、ラダー戦の意味を分かって動いている。
ババア乱入もテンポを落とす事がなかった。フィニッシュは微妙だったが...。ちょっと甘すぎるか?ラダーがもっと使われればさらによかった。
3.5

ここでテーブルというのは、TNAを意識しての事だろうか。この4人なら試合になるな、という事が再確認できた。
3.0

ネクサスがなんかなあ...。もうちょっと芸があってもいい気がするんだけども。
2.5

シェイマスの脚攻めは一貫していて、それが終盤の攻防に熱を帯びさせた。
第一挑戦者決定戦がなぜPPVで組まれたのか、少し分かったような気がした。
3.5

どんな試合かより、どんな防衛の仕方をするかという事に注目していたのだが...。
ちょっと予測できなかったねこれは。2度目はいらなかったような気がしないでもないが。判断に困るね...。
3.0

みんな戦い慣れてるなあ...。道具の使い方がホント上手いよ。デルリオはそうでもなかったけど。
これだけラダー戦を一つのPPVに詰め込みながらも飽きなかった。これも経験のなせる業かね。
4.0

如何に憎しみを表現できるか、がこの試合のキーだったんじゃないかな。
そういう点ではシナはよくやったと思うし、バレットはもうちょっと、ほんの少し足りなかったように思う。
まあネクサスというグループを考えたときには仕方ないかもしれないけども。
3.5
広告を非表示にする