木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

球春到来!(WWE Elimination Chamber 2011 感想)

プロ野球もいよいよ練習試合・オープン戦の季節になり、選手たちの溌溂としたプレーに胸躍らせる日々が始まりましたね。
期待の新人、注目の外国人選手、主力の調子など、やはり野球はいいなあと思い知らされますね。
Elimination Chamber 2011

このカード自体に価値を見出すのが難しい中で2人がどういった闘いを見せるのかと思ったが、
デルリオは意図的に試合のペースを下げる事でコフィの盛り返しを劇的に見せているし、
コフィも自身の人気を利用して一発一発を効果的に使えている。PPVの導入部としての空気は作ったんじゃないか。
ただWMに向けてデルリオが長い試合を闘ってないのが気になるなあ。
2.5

まずエッジvsミステリオというフラットな対戦から始め(若干エッジを巨人的な扱いにしている部分があるのか?)、
バレット、ケインといったヒール勢の加入で1人又は2人休んでの1対1に持っていき
5番手はドリュー・・・だったのだがちょっとと自分の色を出そうとしすぎた感はある。
実際まだショーが残ってるんだからガラス破壊はそこまでとっておきたかった。
ショーは実質対バレット専用で、やや消化不良。最後も手詰まりになったが故のフィニッシュという部分は否めない。
やっぱりベビーフェイスvsヒールで始めてもよかったのでは、と思ってしまう。試合後のアレで少しは補ったものの。
3.0

マレラ組は技術があるが、それをこの時間の中でどうしろと言われても・・・。
5分だし、これで王座交代というのはタッグ戦線の寂しさを物語ってるよねえ。
2.5

いやー面白い。この試合はロマンだ。
派手な技や危険な技がなくてもこれほどまでに面白いのか。
キングの拳、これが一発一発、決まっていくたびにファンの高揚感を煽る。
拳に感情をこめるってこういうことを言うんじゃないかなあ。
ミズもそんなキングに最大限協力し、ドラマを紡いだというのも素晴らしいじゃない。
本来プロレスってこういうものなんじゃないかなあ、と俄かの僕は思いました。
3.0

シェイマスvsモリソンという無難なカードで開始。
ヘッドロックという静かな立ち上がりから特殊形式を活かして荒っぽい感じに。
3番手オートンで無慈悲さを演出。その後は停滞したが出場者が出揃ってからが本番。
MVPはやはりモリソンだろう。檻の中を縦横無尽に動き回り、獅子奮迅の活躍。
それからシェイマスも檻を効果的に使えていた。
ただオートンは早めの脱落で埋没してしまったし、シナ、パンクもそれほどではなかった。
トゥルースは・・・数合わせと見られてもしょうがないよね。それでも一定の面白さはあったと思う。
3.5

おまけ

復帰組の動向というかなんというか


WWE Elimination Chamber 02/20/11 Part 6/13 HD
アップロード者 Deaddiablo. - 全シーズン、全エピソードをオンラインで。
広告を非表示にする