読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

TNA Lockdown 2011 感想

Lockdown 2011
多人数の戦いということでもう少しゴチャゴチャするかと思ったら、意外と整理されていた。
個々で見ていくと、やはりジェネレーションミーは溌溂としているし、マックスのヘタレも合っている。
ロビーEはキャラクターが立っているのでこういう試合形式でもある程度存在感をアピールできる。
リーサル、セイビンはあんまり印象に残りませんでしたね。
個人的にはケンドリックとセイビンの役割を入れ替えて欲しかったです。
スーサイドは中の人の事情もあり、さっさと脱落してしまうのは仕方ないでしょう。
レッドはキレていましたね。この階級らしい動きを体現していました。
ただ脱落の内容が少々作業的なのが気になりましたが、金網という事で中々の盛り上がりでしたね。
3.5

ヤングはこういう試合でもふざける役回りなんですね…。
試合のほうは特に大きなポイントもなく、後半はただ必殺技を打ち合うだけ。
この形式ではダグの技術も生きませんし。
スタイナーが見所、といっても過言ではないぐらいの内容。
2.5

だからこういう茶番やめろよ…。試合できないんなら試合させるなと。
前回PPVから何も学んでいないのかと言わざるを得ない。
-

ポープがヘタレてジョーを煽るという構図。
ただジョーのテンションが中々上がらないため、イマイチ盛り上がりに欠ける。
張り手の応酬でようやくいい感じになったと思ったらポープのケツ出し…。
どうもこの抗争は失敗のようで…。
2.5

殴り合うだけじゃ試合にならないのは分かる。
2人とも考えているのだろうが、しかしそれにしたってモーガンがダウンしすぎだろう。
あとただ金網にぶつけるだけではなく+αが欲しかった。
そういう意味ではヘルナンデスはもっと表現できたはず。

2.5

1本目。
JJの関節技は全て返され、逆にアンクルロックでタップしてしまうという流れ。
まずまずの滑り出し。

2本目。
お互いの必殺技を返しあい、タイツ掴みというやや弱いフォールの仕方。

3本目。
カートが一気に過激度を増す。
流血。コーナートップからのバックドロップや金網頂上からのムーンサルトなど、
見ているこっちがひやひやさせられる過激な技。
そして介入から一気にクライマックスへ。JJ勝利にはこれしかない、と言わざるを得ない。

全体を通してみると、名勝負とは言いにくいが
悪い試合でもない。ただJJの衰えは避けられなかった…。
3.5

どうなるものかと心配したが…。
スティングは思ったより状態がよく、要所要所で3ウェイを上手く体現している。
ケンは一番ヒールに近いので必然的に狙われ役に。
ただ自分の色は余り出ていなかった。それが上手く働いた感もあるが。
RVDは適度に固有ムーブを使い場を盛り上げた。
終盤の介入、試合時間はちょっと不満だが、予想以上の出来だった。しかしまだスティングに持たせるのかよ。
3.5

アビス×カズというX級とヘビー級の象徴なカードで開始。
最近のカズはカリスマ性が付随しているのでAJ×アビスを意識してしまう。
次に入って来たのはマット。当然のようにいたぶる。
ここでダニエルズが参戦。軽やかなフットワークで試合を加速させる。
この流れを変えたのはフレアー。お得意のチョップ、ローブローで場を掌握してしまうのは流石。
ストームはフレアーにビール瓶。ネイチは歳なのにすごいな。
レイが暴れ回る。インモータルはヘビー級を揃えているため、インパクトがある。
そういう意味ではルードはこの試合に欠かせない逞しさを持っている。
そして凶器投入。フレアーがそこまで受けなくてもというぐらいの受けを見せる。
その後もダニエルズの頂上からのダイブなどでペースを落とさない。
そして掟破りのサプライズ。正直安直な感じは否めないが、まあ止む無しだろう。
3.0
広告を非表示にする