読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

WWE Extreme Rules 2011 感想

Extreme Rules 2011
パンクが試合前にターンバックルのカバーを外したのはいいですね。
これで序盤の緊張感が生まれました。
さて試合のほうはというと・・・

オートンが抑えていますね。
これは前回からの傾向なのでしょうか、パンクに攻めさせるところは攻めさせています。
そして場外に出たところからは一気に加速していきます。
パワースラムなんかよかったですね。
一方のパンク。
凶器の使い方が上手かった。対ジェフの時に見せた首に椅子をはめる攻撃が見られたのはよかったです。
雪崩式RKOを出すに値する試合だったと思います。
ただ1試合目ということで若干ラストマンスタンディングという感じがしないのは残念ですが、十分面白い試合だったと言っていいでしょう。
3.5

コフィは相変わらず打撃が無秩序すぎますね。ただ身体能力の見せ方がうまくなっている。
シェイマスはテーブルを使って残虐性を上手く表現していました。
予想より面白かった。
3.0

コール、JRより動きが悪いのは流石にダメでしょう。
痛い目にも遭わないし・・・
これいつまで続ける気なんでしょう。
2.0

ミステリオがいつになくヒールっぽい立ち居振る舞い。それはフィニッシュからも見て取れますね。
試合のほうはその荒っぽさがいい方向に作用している。
ただ作業的に動いていた感もありますが、それは12分程度の時間に絞られて縛られてしまったせいでしょう。
WMのときもそうでしたが、このカードに時間を割かないなんて勿体無い。
コーディは若干受けに回ることが多かったですね。まあ経験の問題でしょう。
3.0

ストーリーの中でレイラがフェイス気味になってるんですね。
その分感情移入して見ることができる。
この2人ならこれぐらいの試合はできるだろう。
2.5

クリスチャンは復帰してからどうも状態が上がってきませんね。
ただ勝手知ったるラダー戦ということで、ある程度上積みはできたんじゃないかと。
一方のデルリオですが、高い順応力を見せ付けてくれましたね。
小さい梯子の使い方など、光るポイントが多かったです。
そしてサプライズ。やはり画になりますね。
3.0

ちょっと長いスカッシュマッチじゃないか。
エゼキエルのパワーは伝わってきたけども。
2.0

シナがパワー、モリソンが身体能力、ミズが狡猾さと三者三様なのはいい。
ただ基本1対1のWWE的な3ウェイの前では金網は邪魔になってしまう事が多く、今回もその例に漏れなかった。
その上何故かトゥルースの乱入があって・・・
WMに続きメインで失敗したと言わざるを得ない。
2.5
広告を非表示にする