読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

TNA Sacrifice 2011 感想

プロレス プロレス-プロレス感想
TNA Sacrifice 2011
インクはいいですね。ムーアは自分達の色を出そうとしているし、ニールもパワーのアピールに力を入れている。
ただメキシコ組がひどい。介入からでしか主導権を握ることができないので流れをいちいち切っている。
タッグとしてもあまりにも未熟。
2.0

まさかケンドリックが着たまま闘うとは思っていませんでしたよ。
そのせいでやり辛そうにしているように見えます。
しかしキャラクターは完成してきましたね。
試合としては非常に簡素で、語るところがほとんどないのが驚きです。
2.5

ネタは一通り入れてあるのでつまらなくはないですね。
レフェリー誤爆が2回もあるのは流石にしつこいですが。
2.5

最初の攻防を見たときはこれはいい試合になると思ったんですが…。
どうも手が合っていないようで、面白さが積み重なっていかない。
もっとリングを飛び回って欲しかったんですけどね。
場外へのパワーボムを必要とするレベルではなかった。
あとシャイニングウィザードはイメージに合ってないと思いますけど。
そういえばカズはロングタイツでしたね。正直似合ってないんでやめたほうがいいかと…。
2.5

大男2人が闘えば必然的に雰囲気はできあがります。
この試合もそう。細かい部分はさておき、闘いのムードは出来ていました。どうしても試合が単調になってしまうのはさておき。
クリムゾンは意外と技の出すポイントを理解していますね。ただロングマッチになったときにどうなるかが気になりますが。
それにしてもアビスが負けるとは…。
2.5

ストームvsハリスを軸にする、という点ではしっかり筋が通っていたと思う。
しかし、ハリスがそれに見合うものを見せてくれたかと言えば…。
挑戦者組はやはり急造タッグという印象をぬぐえなかったように感じた。
3.0

序盤は静かに。徐々に過激になっていき、場外で一気にAJが過激路線に持って行きました。
そこからはお互い雰囲気も相まってなかなかハードなものを見せてくれました。
フォークも以前の抗争とリンクしてていいですね。
3.0

カートvsJJ。普通に前回よりいいってどういうことでしょう。
相変わらずカートの動きは洗練されているし、JJのヒールワークも大分スマートになっている。
混合タッグという形式が逆に2人をリラックスさせたのでしょうか。
カレン絡みは少々退屈な部分もありましたが…。
3.0

RVD、お疲れ様。スティング相手によく奮闘した。
攻撃の自由度は健在で、独創性は保たれていた。
それでも尚RVDにベルトは渡らなかった訳だが…。
2.5
広告を非表示にする