木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

Capitol Punishment 2011 感想

Capitol Punishment 2011
コフィが意外とジグラーのレスリングに対応していて驚いた。
その部分含め、コフィはようやく自分の色を確立させてきたかな、という感じ。
ただジグラーはちょっと控えめすぎやしないかという印象が。
ジャーマンの使い方など、面白い要素はあったけど。
あと格の違いを考えたときに介入は必要だったかと言われると?ではある。
スリーパーがフィニッシャーとして機能しているのは好印象だが。
2.5

ミズの試合運びは上手い。
観客を引き付けるテンポで攻撃しているため少ない技のレパートリーを補っている。
ライリーも鋭い拳を見せ、可能性を感じさせてくれた。
勝たせる必要まではなかったように思われるが。
3.0

普通にやってもまともな試合になるわけもないのでこういう展開に。
だったらもっとスマートに勝たせてやれよという気がしないでもないが。
2.0

バレットは表情で魅せてくれる。艶のある表情はそれだけでアピールポイントになる。
エゼキエルは俊敏性を生かす方向でいいんじゃないかな。
やはりトーチャーラックは似合っていないが。
2.5

パンクが俺のほうが上だと見下して優位に進める。
その中でミステリオがらしいムーブで反撃する。
コーナーへの619はその最たる例だろう。
ただ一部ミステリオのポジションが中ぶらりんになっている部分がある。
今回は主にヘビー級として対峙していただけにね。
しかしこの2人だからこそこれだけ高い水準に持っていった闘いだった。
3.5

オートンは感情を表情で伝達している。それが行動となって表出している。
今回も試合の展開の中でボルテージを上げ、それに伴って打撃も変化させている。
またベリートゥベリーの使用といった独創性も見られる。
一方のクリスチャン。
ヒールターンして間もないせいか、行動がズレている。
ベビーフェイスのときよりもオートンに食われてしまっている。
スピアーの使い方は大分こなれてきたようだが、これでは物足りない。
3.5

スワガーの執拗な攻めがボーンのスタイルと融合する。
ボーンは少し単発なきらいがあるから畳み掛けるようなものが欲しいところではある。
試合時間が短いとはいえ、この試合がセミで行われたという意味は意外と大きいかも。
2.5

ちょっとトゥルースが攻めすぎなのもおかしいのだが、それよりもシナの状態が気がかり。
終始ダウンモードでトゥルースの攻めを補佐していない。
フィニッシュは苦心の末、か。
2.5
広告を非表示にする