読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

Destination X 2011 感想

プロレス プロレス-プロレス感想
Destination X 2011
ジョーがノっている。
観客に乗せられている部分もあるが、六角形リングとの相性の良さをうかがわせる。
カズの攻撃を読みきっての攻撃には怪物の復活を予期させた。
ただ丸め込みとはいえ負けるのはなあ。
1試合目には勿体無い。
3.5

決して悪くは無いのだが、組まれた目的がよく分からなかったり
最後でやらかしちゃってたりするのであまり印象としては良くない。
2.5

ジェネレーションミーをこんな事に使うなと。
impactの通常放送でやってくださいよと言いたくなる。
2.5

アルティメットXのわりに過激性があまりないなあ。
シェリー勝利の道筋が見えてこないのも問題。
ロビーEはこの形式向いてないねやっぱり。
2.5

2人ともあのころより歳をとった。瑞々しさは失われた。
それを否とするか、是とするか。2人は正面から向き合い、闘った。
最大限やりつくした結果がこうなったと言う事。
3.0

やはり4ウェイは難しい。エリーズ、ロウキーは目立ってはいたが
どうしても全体としての統一感に欠ける。
点が線にならなかったのが残念だ。
2.5

アビスを不動の存在としてみなす。ケンドリックの弱さが武器になる。
目を見張るような攻防はないがキャラクターに沿った闘いはできている。
ただレフェリー誤爆からの流れは必要かどうかと聞かれたら微妙だが…。
これがメインという訳じゃないんだし。
2.5

この試合時間である。
序盤のアームドラッグは時間稼ぎの意味合いがあったことも否めないし、
途中のミスやテープが外れると言うのがあったことも事実だ。
しかし、である。
ダニエルズの首攻めは実にスマートであった。
バックドロップ3発、首へのチョップ。
両者が激しく鬩ぎあった試合であったことは間違いない。
ただスパイラルタップが奥の手として相応しいかと言われると…。
4としたが3.8ぐらいかなあ。
4.0
広告を非表示にする