木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

Money in the Bank 2011 感想

Money in the Bank 2011
オープニングに持ってこられたスマックダウン組のMITB。
それぞれが中々の仕事をしたように思います。
一番考えて梯子を使っていたのはシェイマス。
ラダーへのパワーボムという特大のパフォーマンスは見事というしかないですね。
ケインはうまく強設定を維持していましたね。
足を引っ張るんじゃないかと不安だったシンカラ、ガブリエルですが
シンカラは態とかは知りませんがうまいこと途中で抜けましたね。
ガブリエルは予想以上の大健闘でした。
勝利したブライアンですが、試合の潤滑油になっていたように感じます。
3.5

この時間で関節技への移行をすると性急にしか見えないですねえ。
2.0

デカブツ2人の闘いを楽しもうというコンセプトなので粗探しはしませんが、
ちょっとショーがやられすぎな気も。
2.5

出場者が梯子を持ち込むという演出は新鮮ですね。効果的だったかはさておき。
SD組に比べるとこちらのほうがラダー上の攻防が多く、その分スリリングでしたね。
最初から最後まで安定していたのはミステリオ。やはり欠かせない存在ですね。
コフィは跳躍力を活かした攻撃で貢献。ボーンも体を張って行動していました。
トゥルースは意外な順応性を発揮していたように感じました。
ミズは脱落→復帰の一発ネタですが、これが似合うのは彼しかいません。
デルリオは最後のマスク剥ぎでそれまでのダウンしていた部分を埋めましたね。
4.0

オートンは感情の段階付けが巧みですね。
序盤は一発一発に重みを持たせ静かな怒りを表現、終盤は激情に駆られ…というところです。
それ以外にも相手との関係性を見据えたDDTの攻防など目を引くポイントはいくつもありましたね。
クリスチャンはDQ狙いという点で一貫してはいましたが、中盤がやや薄かったかなという印象です。
反則フィニッシュなので試合としては抑えられてしまいましたが、中々見所のある試合でした。
3.0

CMパンクが投じた一石。
それが作られたものかどうかなんて関係ない。

ヘッドロックの応酬。
エプロンへの膝。
STFもAAもみんなみんな耐えに耐え、忍びに忍び、そして訪れた歓喜の時。
シカゴの観客は間違いなく熱狂していた。
近年WWEでこれほどまでに長時間闘った試合は本当に少ない。
2人とも真摯に向き合ったんだなあ。勿論シナも。
4.0
広告を非表示にする