木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

Hardcore Justice 2011 感想

Hardcore Justice 2011
Hardcore Justice 2011

ケンドリックはキャラチェンジでしょうか、衣装が変わりましたね。
試合に目を向けるとエリーズvs2人というのが軸になっています。
エリーズの特異なキャラクターから生み出される独創的な技の数々。
シェリーもらしさが戻ってきたような気がします。
ケンドリックは埋もれてしまっていた感もありますがこんなもんでしょう。
3.0

それなりに形にはなっていますね。
2.5

ストーリーありきの試合なのでイマイチテンションが上がっていかないんですよね。
所々で変な間があったり、足を引っ張られています。
最後もブックの影響を受けたフィニッシュで…。
2.0

ウィンターの狡猾なキャラクターはイメージに合っていていいですね。
ただアンジェリーナの介入がちょっとしつこいかな。
フィニッシュは予想外の毒霧。ミッキーの強さを考えるとこれはありだと思います。
2.5

無敗のクリムゾンをどう倒すか、というところが鍵だと思ったんですがね。
まさかファイブスターが返されリンが介入してくるなんて誰も思いませんよ。
この試合もブックに縛られた形となってしまいました。
2.5

終始フォーチュンが優位に進め、
イモータル側はそれに相対するものを用意できなかった。
とはいえフォーチュンにおいてもミスが目立つなど低調な内容。
言うに事欠いてテーブルなんか持ち出してきちゃうし…。
2.5

綺麗なだけがプロレスじゃない。
レイの憎しみのこもった忸怩たる攻めにアンダーソンが立ち向かう。
回し蹴りを使ったあたりにケンの秘めたる部分が見えましたね。
アンダーソンは声援を背に試合をしたほうが画になるとはっきりした試合でした。
3.0

王者組の試合運びは素晴らしいんですがね。
あまりに挑戦者組に関して語るところが無くて…。
ヘルナンデスの怪物性が失われて久しいのが問題なんですよ。
正直王座移動も覚悟してましたが、無くてよかったとつくづく思いましたね。
2.5

カートの細かい動きに意外とスティングはついていけています。
しかし終盤の密度が絶対的に足りません。
たとえ互いの必殺技を使って特別性を出そうとしても、です。
そしてホーガン登場。
ジェフのそれを彷彿とさせて個人的には非常に印象が悪いです。
2.5

どうでもいいんですがボクが付けてる点数は満足度みたいなもんです、はい。
いつもオナニー記事ばかりでごめんなさい。
広告を非表示にする