読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

WWE Summer Slam 2011 感想

プロレス プロレス-プロレス感想
Summer Slam 2011
ミステリオの状態を考えてこういう形式になったのでしょうか。
試合に関してはミズにコントロールさせたのは正解でしょう。
モリソンに対する首攻めもしっかり行っていましたし。
後はコフィが攻撃を大きく見せていたのが印象的でしたね。
この面子にしては少し物足りなさもありますが、時間があるので仕方ありません。
2.5

序盤、シェイマスが倒そうとするも俺は倒れないんだ、と言わんばかりにヘンリーが聳え立ちます。
これはよかったですね。
その後シェイマスがアックスハンドルでヘンリーをなぎ倒したのも興味深いです。
フィニッシュのカウントアウトという選択はどちらにも傷をつけないベターなものだと思いました。
2.5

ケリーは怒りを表現しようとするのはいいのですが、チグハグですね。
流れを切ってしまう場面も見受けられます。
ベスは持ち前のパワーを発揮しましたね。
最後の丸め込みは綺麗でした。
2.5

ブライアンは技術で、バレットは力で主導権を握ろうとします。
いいですね。
ただ2人のファイトは思ったよりミックスされていない。
終盤の鬩ぎ合いに欠けるんですよ。
しっかり段階を踏んで試合を作ったことは分かるんですが…。
2.5

攻めのオートン、逃げのクリスチャン。
今まではこうでした。しかし、今回はノーDQなんです。
つまり双方の攻撃性が試されるという事になります。

序盤は凶器を導入せず語ります。
この中でSDで見せたオートンの丸め込みなどが散見されましたね。
最初の凶器は竹刀。
クリスチャンがこれを上手く使いました。
喉元に押し当てる凄惨な攻撃。今回の過激度を提示したように思われます。
後半はオートンがノリノリでしたね。
実況席RKO、テーブル葬、ゴミ箱DDTと矢継ぎ早に繰り出していきます。
そして鉄階段へのRKOというこの試合に相応しいフィニッシュで勝利します。

後半クリスチャンの勝ちが薄れてしまったのは勿体無かったですが、素晴らしい試合といってよいでしょう。
4.0

お互いがヘッドロックに行き、フォールを狙うという導入部。
その後グラウンドに行きますが、ここでも対等な関係を演出しています。
5ナックルの場面では前回同様に定石外しが見られました。
この部分の切り返しは特に優れていたように感じます。
アナコンダバイスSTFの掛け合い。
この辺は関節技の美しさを味わう事ができましたね。
場外ダイブのあとHHHがカウントを止め、2人を戻します。
これによって王者がちゃんと決まるんだという印象を観客に与えます。
フィニッシュのロープブレイク見逃しは前回と違いGTSが返された段階での出来事なのでやむなしかなと思います。
しかしまさかナッシュが現れるとは…。
4.0
広告を非表示にする