木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

TNA No Surrender 2011 感想

No Surrender 2011
お互い対等な関係で始めたのは良し。
ただその後どちらとも主導権を握れないような時間帯が続いたのは頂けない。
フィニッシュもしっかり決めないと…。
2.5

全体的にやっていることがバラバラ。
レイがヘタレるのもキャラクターに合っていないし、
ストームがビール攻撃をするのもいくら仕返しとはいえ外れている。
2.0

ウィンターは粗い。
しかしその粗さがパワーに繋がってるともいえるわけで。
それにしても毒霧しつこすぎないか。
2.5

ポープとディーボンは急造タッグにしてはそれなりですね。
王者組も見れるレベルにはある。
ただ孤立の部分がちょっと弱いかな。
あと介入ははっきり言ってくどい。やりすぎ。
2.5


モーガンは技の使い方を考えたほうがいいですね。
せっかく画になるレスラーなんですから。
ジョーはモーガンをダウンさせるのに苦心していた印象です。
2.5

ルードの腕攻めvsガンナーの首攻めという構図。
お互いやるべきことはやっているし、バランスも取れている。
3.0

エリーズが素晴らしい。
序盤のレスリングに始まり、中盤は完全に場を掌握。
終盤のダイブに繋げました。
ケンドリックもエリーズに乗せられていい攻めを披露していましたね。
3.0


序盤は先程と同じような様子を伺い、組み合いに持っていく。
中盤の張り手の応酬なんかは中々良かったのですが
少しあっさりしているのが…。
2.5


3ウェイですが、基本1対1の簡素な構築です。
その中でも目立ったのは2人同時のジャーマンぐらい。
まるで通常放送のような内容で、ついでにフィニッシュもまたホーガンが出てきて…。
2.5
広告を非表示にする