木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

古城ベニーによる本気の2012年セリーグ順位予想

今年も順位予想の季節がやって参りました。
早速いきましょう。
1巨人
2ヤクルト
3阪神
4広島
5DeNA
6中日

1位は巨人。杉内・村田の獲得はもちろん、ボウカー・マシソンにある程度の目途が立ったのも大きいですね。
隠善・矢野が好調なのも大きいですね(矢野は怪我してしまいましたが…)。
投手もオープン戦終盤で久保が戻ってきたのが非常に大きい。
この磐石の戦力を原監督がどう動かしていくのかが見ものです。

キープレイヤー:坂本勇人


2位はヤクルト。青木の移籍で空いたセンターをどうするか、という課題がありましたが
上田、比屋根らの台頭によりほぼ解消されたといっていいんじゃないですかね。
あとは館山の復帰も大きいと思います。ただ抑えのイムが不調なのがどう響くか。
その分ミレッジやロマンといった外人勢が働いてくれると思います。

キープレイヤー:畠山和洋


3位は阪神。なんかやたら過小評価されていますが打線の強力さは随一ですよ。
気になる点としては金本や城島といったアクの強い面子をうまく和田監督がコントロールできるかですね。
投手では藤川がかなり気合入ってると思います。一つ不安なのがマートンの怪我。
マートンがいない打線が機能するかは注目ですよ。

キープレイヤー:岩田稔


4位は広島。やはり野村の加入は大きいですね。最低でも福井、ひょっとしたら憲伸上原クラスの逸材だと思います。
打線も岩本・松山に当たりが飛び出すなど、強いカープが復権する予兆を感じます。
アキレス腱は中継ぎ陣。ただでさえ手薄なのに青木高の離脱は痛すぎる。
ここを全員でカバーできたらAクラスもあると思います。

キープレイヤー:キャム・ミコライオ


5位はDeNA。今年は中畑監督の元、明るく熱い野球を目指すスタイルに変革。
今のところオープン戦でそれができています。ただシーズンとオープン戦は違いますからね。
やはり絶対的に戦力が足りていない。特に中継ぎ。牛田・江尻不在はそうとうキツイですよ。
何とか交流戦終わるまでに食らいつければ勝機もあると思いますが…。
打線は長打不足。ということで梶谷らに走ってもらう必要があります。
昨年までは石川に走塁を依存していましたからね。

キープレイヤー:藤江均


5位は中日。全体的に明るい話題に乏しいですね。チェンの離脱、ネルソン・ソトの怪我…。
そんな中で山崎が好調なのは喜ばしい事ではないかと思います。
しかし山崎をフルで使えるだけの体力があるとは思えません。
そうなってくると森野・和田といった昨年不調だったところがどうなるか。
投手陣も吉見にかかる負担は間違いなく増えます。エース対決のときに貯金をどれだけ作れるか。

キープレイヤー:谷繁元信


こんなとことですかね。パリーグは昨年同様やりません。
ちなみに去年はhttp://yarakashi51.blog102.fc2.com/blog-entry-39.htmlです。
広告を非表示にする