木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

独断で選ぶ!真似すべきフォーム・真似しちゃいけないフォーム:投手編

前回に引き続き今回は投手編です。
※敬称略

巨人
○:澤村
×:越智

澤村は筋肉という点でマイナスイメージがついていますが投げ方的にはいいですよ。
越智は典型的アーム型ですね。病気が完治したらフォームを微調整すべき。

○:川上、山井
×:中田、岩田、山内、浅尾

川上は淀みのないフォームが好印象。山井も同じですが若干腕を伸ばしすぎなのが気がかり。
×の4人は癖が凄い。癖があるということは対打者においては重要ですが投げ方という観点から見ると不適切です。

○:ロマン
×:増渕

ロマンは外国人投手とは思えないほど投げ方が綺麗。
増渕は途中でがくんと下がるのがよくないですね。目線がぶれる。

○:野村
×:永川

野村は完成されていますね。應武氏の教え…ではないでしょう。たぶん。
永川は無駄な動きが多い印象ですね。

○:能見、秋山
×:なし

能見はザ・エースと呼ぶにふさわしい投げ方。ワインドアップなのも高評価。
秋山は若手にしてはいいフォームで投げることができていますね。

横浜
○:三浦、国吉
×:なし

三浦は目線がぶれない。全くぶれない。精密なコントロールの源です。
国吉は投げ方はいいですね。ただポテンシャルを持て余し気味なのが残念。

○:中村勝
×:多田野、武田勝

春日部のダルビッシュこと中村。顔だけではなくフォームも理想的ですね。
多田野、武田勝は独特すぎて…。

○:岸
×:なし

岸はリーチの長さをうまく使いこなせている印象を受けます。

○:大隣
×:岡島

大隣は江夏2世と呼ばれているだけあって非常にきれいなフォームで投げることができている。
岡島は…今更説明するまでもないでしょう。あっち向いてホイ投法は子供が真似すべきではない。

○:唐川
×:益田

唐川は怪我が多いですがおそらく体質的なものでしょう。投げ方は美しい。
益田はインステップなのが肩、肘に負担をかけている。仮に先発転向させる気なら修正するべき。

○:田中、釜田
×:小山

田中は入団当初と比べて格段に力みが減りましたね。打撃と同じく、投球も投げる瞬間まで力は入れなくていいのです。
釜田は高校時代から完成されていた。指導者に恵まれていたんでしょうね。高校野球というと神原君もいい投げ方です。

○:平野
×:なし

平野はリリーフ転向してからの活躍が目覚ましいですが、それは適性の問題でしょう。
フォームに関してはケチをつける部分がありません。

以上です。
ご意見がありましたらツイッターまで。

※追伸
コメント欄に福浦の打撃フォームについて聞いてきた人へ
http://twitter.com/Furushiro_Benny/status/255822120469270528をご覧ください。
広告を非表示にする