読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

全日本プロレス・潮崎豪退団について自分の思うところを書いてみた。

プロレス プロレス-プロレスその他

10月に入り、体調管理も難しい今日この頃。
今日は先日飛び込んできた電撃ニュースから。

 

 

www.nikkansports.com

 

これを聞いたときの私の反応としては「全日も怪しくなってきたな…」でした。

潮崎選手の真意を知ることは残念ながら出来ないわけですが、

現在潮崎選手は宮原健斗選手とともにタッグ王者だった存在。

その地位をかなぐり捨ててまで全日を離れることを決断したのですから、

普通に考えれば「何かあった」と考えるのが当然だと思います。

 

じゃあ「何があった」のか?

 

本命:派閥闘争()がイヤになった

 

諏訪魔いきなり孤立無援 全日改革案拒否された

 

現在全日本マットでは「秋山派」と「諏訪魔派」に分かれて抗争が巻き起こっています。

とはいえ諏訪魔派は現状諏訪魔一人。そもそも派閥など存在するのか不明な状態。

こんな状況に嫌気が差したのではないか…と思うのですが、

個人的にはこれは違うんじゃないかな…と考えています。

むしろ潮崎が辞めたがっているからこそこのようなストーリーが出てきたのではないかと。

じゃあ何が起こってんだよ!という人のために…

 

対抗:ゼウスが気に食わなかった

www.nikkansports.com

 

ゼウスについては個々で調べていただくとして(実は私もよく知らないんです…大阪のほうの人ですよね)

うーん…これも違うなあ…。

 

大穴:自分が三冠王者として満足な扱いを受けられなかったのを恨んでいる

 

もしこれだったら相当な自信家か、ただのクソやr…ゲフンゲフン。

でもこれの可能性もあながちないとはいえないんですよね…。

 

www.nikkansports.com

 

ひょっとしたら馬場さんのキャデラックが欲しかったのかもしれませんね。

広告を非表示にする