読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

DDT Universeについて三つ!言わせてください!

プロレス プロレス-プロレスその他

今プロレス界は映像ビジネス花盛りと言われています。
どの団体もネット配信に力を入れています。
自前のサイトで配信するもの、ニコニコ動画等のプラットフォームで運営するもの、
日米通じてこの動きは急速に浸透しているといっても過言ではないでしょう。

 

そんな中DDTプロレスリングもこの流れ(正確に言うとニコニコ動画ですでに行ってはいた)
に乗ろうとしています。「DDT Universe」であります。
ここで論じたいのは日本マット界における自前動画配信の先駆者
新日本プロレスワールド」から学び取るべき諸問題を三つ!にまとめてみました。

 

ひとつめ:コンテンツ量の問題

まず重要なのがこれ。
新日本プロレスワールドはコンテンツ量がウリだったはずなのですが、
今まで色々な媒体で放送しすぎたせいでその辺との折り合いが付いてないようなのです。
Jスポーツ、サムライTVなどですね。Jスポの6人タッグトーナメント
(後藤が活躍してたやつ)なんかは一試合もありません。

この辺はたぶんテレ朝資本との関係が色濃い為なのでしょう。
サムライTVの実況・解説はワールドでは流れませんからね。
DDTはほぼサムライTVでしか放送してない(さいたまースラムは除く)はずなので
サムライTVとの話し合いがついていれば大丈夫だと思います。

 

ふたつめ:ユーザーインターフェースの使い勝手


これも大事。
「この試合が見たい!」となった時にサッと見れるようなつくりになってないと厳しいものはあります。
つまるところ検索機能の向上ですね。ワールドは検索機能がお世辞にも高いとは言えないので。
あとは単純に動画プレイヤーの性能というか、低速度の回線でも
大丈夫なようになっているとありがたいですね。

 

みっつめ:サーバーの安定性

DDT Universeは生放送もどんどんやっていくという話らしいので、
アクセス過多にならないように(私はこのへん疎いので詳しくは分からないのですが)
注意していく必要がありますね。あとDoS攻撃にも気を使わなければならないとは思います。
(可能性としては低いですが)


他にも支払い方法の多様性(携帯支払いは必須だと思う)とか
採算(99円とはいえ新日ワールドより安いのだからよりシビア)など
気になるポイントはあるのですが、まずは期待しましょう。

広告を非表示にする