読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

2012.12.2 新日本プロレス愛知大会

本日、私プロレス観戦に行ってきました!

r600x600


こちらが会場。


uiihvhji


これがチケット。


pknjkop@


オカダ・カズチカ選手のサイン。大切にします。


それでは試合の感想を数試合ほど。


中邑・石井組vs桜庭・柴田組

プロレスと総合格闘技の「邂逅」。僕はその味を知ってしまった。禁断の果実。
情けなどない桜庭組の攻撃。必死にもがき、プロレスの意味を示そうとする石井。
そして一歩引いたところから見つめる中邑。
これは「前哨戦」などではない。もう始まっている。
3.5


棚橋・櫛田組vsオカダ・外道組

個人的にはこの試合が一番楽しみだった。
今私が日本人で一番注目しているプロレスラー、櫛田がオカダ相手にどのようなパフォーマンスを見せてくれるか。
シェリーとのタッグで身につけた控えにおける補佐、交代後の爆発力。
真に櫛田はIWGPのベルトを巻くに相応しい男だ。ホントは3.8ぐらいだけどおまけしちゃう!
4.0


後藤・アンダーソン組vsKES(スミス・アーチャー組)

デイビーボーイ・スミス・ジュニア。またの名をDHスミス。
ランス・アーチャー。またの名をヴァンス・アーチャー。
2人が組めば、キラー・エリート・スクワッド。
この強大な敵に後藤・アンダーソン組がどう立ち向かうかが見所だったのだが、
結果的にその心配は杞憂だった。アンダーソンは受けで、後藤は攻めで。
最後の頭突き連発からのガンスタンにはしびれた。

余談だがこの試合、TAKAみちのくは一切介入しなかった。
たぶん、4人の能力を認めていたんだと思う。メインとして文句なし。
4.0

広告を非表示にする