読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木星漂流にっき

野球やプロレスなどについて述べています。

WWE Elimination Chamber 2015 雑感

プロレス感想
お久しぶりです。なかなかブログ更新できずすみません。(読者がいるかはさておいて)

今日の朝見たので、雑感を忘れないうちにしたためておこうと思います。ちょっと遅いけど。
ネタバレ注意です。

エリチェン戦二つがいずれもどうしようもない試合というていたらく。
タッグに関してはそもそも形式に無理があったよね。トルネード式だし。

ICベルトのほうはトゥルースがどうせ空気なんだろうなと思ったら、
まさかヘンリーがその下を行くとは思わなかったよ。
ベビー:4、ヒール:2でバランス悪いしスターダストさんでも入れておけばよかったんじゃないのと。
他も全体的にモチベ低めな印象でしたね。ジグラー含めね。
まあ初戴冠になったYEPさんがどういう王者像を築いていけるかだよね。(WWEにおいてそういったものが求められてるかはさておき)

シナvsオーウェンズは正直スティーンのパフォーマンスを見る限りあまり期待していなかったのですが、
予想を上回ってきましたね。パッケージドライバーを未遂(?)に終わらせたのもにくい。
とはいえ無論シナに助けられた面も大きいのは事実。ポップアップ・パワーボムなんて相手の技量を必要としますからね。
いずれにしろオーウェンズがWWEで活躍するための一つの指針となった試合だと思います。

WWE王座戦は思ったより堅実にきたな、という印象。
アンブロはようやくオースチンの再来と称されるギミックにあわせた闘いが出来てきたな、という感じ。
セスに関してはいつも通りの安定した働きでしたね。フィニッシュを見る限りMITBで再戦かな?


総括するとまあまあのPPVだったんじゃないかと。
ただチェンバーを昇降する時間とか考えると会場で見てるお客さんはやや乗りにくかったかな?
ボーvsネヴィルはもう少し時間短縮出来た気もするなぁ…

今大会のベストバウト:ジョン・シナvsケビン・オーウェンズ(4.0)
広告を非表示にする